齊木 慶一(建築家/デザイナー)

第1回 百人百想・展 総合プロデューサー

ロンドン大学ゴールドスミス校で現代美術を学び、英国キングストン大学芸術学部空間デザイン学科を首席で卒業、ベン・ワトソン賞受賞。英国AAスクール建築学科ディプロマスクール修了後、セドリック・プライス建築事務所にてチーフアシスタントを務める。東京大学大学院工学系研究科で「適応する都市」を研究。現在、株式会社スペース・メニュー・ラボ代表取締役。インタートライブを共同主宰し、国際的にデザイナー、アーティスト等とのネットワークを展開する。2011年「百人百想」
を立ち上げ、現代の想空間をクリエーターの視点で見直している。建築・デザイン作品は国内外の雑誌やメディアでも多数紹介されている。
世阿弥を愛読、チェロを愛奏、良寛を敬愛。日本建築家協会・日本都市計画家協会・英国Architectural Association会員




                       
竹花 万貴(彫金/日本刺繍/仕覆作家)

第1回 百人百想・展 参加クリエーター

染色家・久保田一竹氏に1980年開催した個展「骨董ジュエリーの試み」にて出会い、その後氏の亡くなる2003年まで装身具などの製作に携わる。銀座松屋など数々のギャラリーでの個展の他、銀座ミキモトホールにて2007年個展「彫金帯留めによるーわが身よりあこがれいずる」、2013年個展「ジャポニズムに想う」を開催する。
第37回伝統工芸日本金工展・日本工芸会賞、第43回伝統工芸日本金工展・宗桂会賞の他、伝統工芸展、東日本伝統工芸展、クラフト展、日本ジュエリー展などで数々の入選を果たす。彫金作品の他、日本刺繍作品、仕覆作品に於いても独自の世界観を表現している。また、ガレ、ラリックなど西洋工芸への造詣も深い。代々木デザイナー学院ジュエリーデザイン研究科卒業。金工を浅井盛征氏に師事。日本工芸会正会員




竹花 加奈子(チェリスト/作曲家)

第1回 百人百想・展 参加クリエーター

桐朋学園大学音楽科卒業。5歳よりピアノを始め、10歳よりチェロを井上頼豊氏に師事。エスコラ・デ・ムジカ・デ・バルセロナにてルイス・クラレット氏に、プラードのマスタークラスにてバーナード・グリーンハウス氏に師事。フランス音楽財団スカラシップを得てアンナー・ビルスマ氏のマスタークラス受講。2002年大阪国際室内音楽コンクールトリオ部門セミファイナリスト。銀座王子ホールでのソロ・リサイタルの他、東京オペラシティ近江楽堂、新丸ビルほか国内各地にてソロや室内楽などコンサート活動を行なう。作曲家として、風景・記憶・物語・絵本・写真・映画・着物・美術品・伝統工芸品などからインスピレーションを得たオリジナル曲を多数作曲している。2014年に5、6枚目の新アルバムをリリース。
JASRAC会員。ON STAGE主宰 www.onstage-co.com




竹花 幸子(香司)

第1回 百人百想・展 参加クリエーター

薫物屋香楽の認定香司を取得。製作する線香、練香、塗香、匂い袋等の材料は沈香や百壇をベースに国内外から取り寄せ、独自の調香を試みる。また各地の香料会社や線香工場などの視察も含め広く研究に取り組んでいる。これまでに、渋谷・東急セミナーBEでの和の香りつくりの講座を開催するほか、眠りのイベントに参加し和の香りで良い睡眠へ誘うお話とお香の提案や、渋谷区神宮前にてお香教室を主催する。2008年チェリスト竹花加奈子のセカンドアルバム発表時には曲想をイメージした独自の調香を限定CDに内蔵し、音楽とのコラボレーション・プロジェクトを行うなど香司として意欲的な活動を展開している。




百人百想 │ 百人百想・展
第1回 百人百想・展 「現代の想空間」を開催いたしました。
多数の方のご来場ありがとうございました。
小型デザイン仏壇
竹花万貴作品
百人百想 HOME
竹花万貴コーディネート作品のページ。
展示 :想箱(小型仏壇)と祈りのコーディネーション
チェロ:オリジナル曲/即興演奏  
香   :デモンストレーション

主催:(株)スペース・メニュー・ラボ 百人百想研究所
ギャラリーラパン 表参道 2014年
会社概要 │ ご購入ガイド │ お問合せ │ Links │ 特定商取引に基づく表記 │ プライバシーポリシー
Copyright(C) 2011 100sou.jp/Space Menu Lab co.,ltd. All rights reserved
デザイン仏壇・特注・空間